ジミケンのコール&レスポンス

コールアンドレスポンス。準備はいいかい?!君が居て、僕が居る。

ブルースの誕生

ブルースの誕生

1948年2月公開

 

アメリカで白人が黒人音楽を演奏する事がまだ認められなかった時代。少年がニューオリンズベイズンストリートで、黒人音楽に出逢い、黒人音楽に猛反対する父親の目を盗みながら、ブルースにどっぷりはまっていく。

ただこの中で黒人音楽として演奏されているのは、厳密にはブルースというよりもデキシーランドジャズ。タイトルだけ見た時は泥臭いいわゆるシカゴブルースを想像していたが、ただ1948年にアメリカで公開された映画だけに私のブルースの認識がひょっとするとずれているのかもしれない。何はともあれ、ジャズの中でもデキシーランドジャズが個人的には大好物の為、見終わってからすぐ友人にもお勧め映画としてlineしておいた。

 

どこのホテルに行っても黒人音楽であるが為に演奏を断られ続ける人種差別の深刻な問題がメインテーマの一つに扱われてはいる。ただデキシーランドジャズに合わせて軽快でユニークに表現されており、見ていて本当に心地よい。ジョークも抜群のセンス。好きな言葉ではないがいわゆる癒される感じ。

 

この時代がよかったというつもりはない。ただし、生産性、効率、競争を余儀なくされる現代において、緩やかに流れる時間を思い出させる。必見の価値ありかと。 是非!

お正月ムード?

ボーッ、としてたらあっという間に年が明けて、気がついたら街にもすっかりお正月ムードも無くなってしまってました。まぁ、お正月ムードも残念ながら年々感じられなくなってきてるので、家に篭って何もせず、じっとしてたお陰で、どっぷり充実したお正月を満喫できたような気もします。ここ数年は勝手ながら年賀状もお正月の間に書くスタイルが自分の中ですっかり定着しており、これが本来のお正月の過ごし方のような気もしてます。

そんなわけで、遅くなりましたが、みなさま改めまして明けましておめでとうございます。
今年もマイペースながら地道にコツコツと頑張って積み上げていければな、と思っています。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

フォレストガンプ


1995年に公開されたヒット作品。ロシアが戦争を続ける今、ベトナム戦争を続けた1970年代頃のアメリカは果たしてどんな状況だったのか。この映画は、1970年代前後のアメリカが抱えていた深刻な問題を背景にストーリは展開する。ベトナム戦争、人種差別、貧困、虐め問題。そしてベトナムからの帰国兵が待ち受ける現実。これらの社会問題を背景に全く違う人生を歩まざるを得ない主人公二人の姿が当時のアメリカを象徴している。


バス停でバスを待つ人に自分自身の思い出を語る形でストーリは展開する。
主人公のフォレストは普通の子供よりも少し知能指数が低く、足も不自由。初めて乗ったスクールバスで、隣の席を譲って貰えず困っていた所に、優しく声を掛けて席をあけてくれたのがジェニー。
ある日父親に怒鳴られるジェニーを見つけたフォレストはジェニーの手を握って逃げ回る。翌日ジェニーが父親から虐待を受けている事が発覚し父親は逮捕されジェニーは親戚に引き取られる。
 その後、成人したフォレストは訓練を終えベトナム戦争に出兵される事になるが、出征前に落ちぶれてストリップ劇場で働くジェニーを訪れる。
 フォレストは帰国後ベトナム戦争を経験し英雄として勲章を送られるが、一方、ブラックパンサー党反戦活動を行うジェニーと再開する。

わずか50年前のアメリカの現実。他人事でも昔話でもない事を改めて認識しておきたい。

この映画の紹介文どう思います?(MR NOBODY)

MR NOBODY

 

以下は、アマゾンプライムに書かれていたMR NOBODYの映画紹介文だけど、これを読んでどんな映画だと想像します?

 

「主人公ハッチは、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復する、ルーティンで退屈な毎日を送っている。妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされず、この世の理不尽なことすべてを全身で受け止め、歯向かうことなど決してない、地味で目立った特徴のない男だ。・・・・」

 

確かにオープニングは工場勤務や、食卓、通勤など毎日繰り返す場面から始まり、退屈な日常とうだつの上がらない父親像らしきものが描かれており、私の期待通りの展開。しかし、どうも話が進んでいくに連れ、「?」、「??」

作品時間約1時間30分で、一体いつになったら期待する展開になるのか?残り、20分。残り10分。まさかの急展開?と思っている内に終わってしまった。

 

映画を見終わってから、なんでこんな映画をチョイスしたのかなぁ、と。

改めてネットの映画.comでの初回文を読んでみたのが、こちら。

 

「世の中の理不尽に怒りを爆発させて大暴れし、やがて武装集団やマフィアを相手に激しい戦いを繰り広げる姿を描いた痛快ハードボイルドアクション。」

 

同じ映画の紹介文と思えます?アマゾンプライムの紹介文を読んでこの映画がハードボイルドアクションと推測できない、読解力に問題があるのか?

結論は、この映画はハードボイルドアクション映画で、映画.comの紹介文を読んでたら多分見なかったであろう映画。笑

(良い、悪いではなく、好みの問題で。)

 

俺の90分を返せ!とは言わないけど、返して。

 

ちーん♪

 

よろしければ、読者登録頂けたら嬉しいです!

宜しくお願い致します。

鏡張りのピアノ!?


鏡張りのピアノ

先日はウーララにお越し頂いた皆様ありがとう御座いました。
その時のお話。
ライブ終演後にお客様から、「ウーララのピアノ、鏡張りになったんですね!」との話を頂いた。ピアニストのライブを見る際、客席のどこに座るのかいつも迷うらしくて、「鏡張りなら後ろからでも顔の表情も見れるので、最高!」との事だった。
「?」とは思ったが確かにライブの最中ピアノにはっきり映る自分の顔をみて危うく何度か正気に戻ってしまいそうな瞬間があった気がするし、MCの時、自分の焦ってる表情を見て思わずピアノから目をそらした記憶もある。
アップライトは店の形で配置が制約される為、確かに演者の見え方が犠牲になる事が多くて、ウーララは横の壁に向かって設置されているが店によっては、ステージ奥側に後ろ向きに設置されている事も以外に多い。その際は演奏を多少犠牲にしてでも振り返りながら演奏する事もあるが、本末転倒な気がしないでもない気がしている。
そこまでプレイヤの思いを理解してくれている、ウーララはさすが!と、絶賛しつつ、帰り際にマスターにやや興奮気味にその話をしてみた。
「何が?ピアノ?鏡??何もしてないで?顔やったらいつも写ってるやん?」との事でした。

らしいです。。

 

ジミケンのホームページはこちらからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://jimikenn.jimdofree.com/

ブロンクス物語/愛に包まれた街

ブロンクス物語/愛に包まれた街

 

1960年代のアメリカのブロンクスを舞台に、9歳の少年カロジェロが、その父親ロレンツォ(ロバート・デニーロ)と地元マフィアのボス、ソニーの影響を受けながら成長していくお話。

マフィアのボス、ソニーを慕い、尊敬し、近づこうとする9歳の

少年カロジェロを父親のロレンツォが必死に引き離そうとする。

 

カロジェロは、バスの中で出会った女性に一目惚れするが、黒人女性であるが為に迷い、マフィアのボス、ソニーと父親、ロレンツォに相談する。

しかし二人の答えは正反対。慕い尊敬するソニーのアドバイスと父親の思いを受けながら少年は彼女へアタックする。

ほんの一場面ではあるが、父親とボスの考えと立場の違いが印象的な場面。

 

9歳の少年の揺れ動く心の動きと、変わっていく父親との関係性や、マフィアは悪の組織ではありながらもソニーが人を惹きつけ組織をまとめていくための哲学を、人権問題、少年、父親、マフィアのボスなど様々な立場から、愛をテーマに書かれている。

 

ご覧になられた方も多いと思いますが、しばらくブログをサボっており全くの気まぐれですが、いい映画だったので書かせて頂きました。

 

今日は夜から、京都ウーララでライブです。頑張って参ります!応援宜しくお願いします。(笑)

69な節分の日

f:id:jimikenn:20220204073300j:plain


いきなり変なタイトルだけど、昨日2月3日は僕の誕生日で、それで69というのは西暦1969で、僕の生まれた年である。ジミケンのアドレスとか色々なところで登場する数字だけど、起源?はここかな。ロックという意味も含んでいて好んで使ってる数字なので、よく登場しているかもしれない。

 

2月3日もだけど、1969年を改めて振り返って、思いつくままに書き出して見るとこの頃の影響は本当に大きいのがよくわかる。当然生まれたすぐに影響を受けてる筈もないが、でも不思議だし面白い。

rolling stones/レットイットブリードとか、,beatles/アビーロードとかイージーライダーとかウッドストック とか公民権運動のキング牧師とか。

皆さんも自分の生まれた頃の印象深い出来事を書き出して見ると意外なことがわかるかもしれないですよ。そうでもないのかな??

全部未だに新鮮で、今の演奏スタイルも歌詞も生き様までもずっと憧れだし。ただ単に60年代が好きと言われたらそれまでかもしれないけど。三つ子の魂百までとは言わないが、

潜在的なものでもあるのかな。

 

でも父親も母親も音楽とは無縁で、幼少の頃育った環境にロックはなかった。つまりは生まれ育った環境がどこまで影響するのか?それは分からないって事で。

どないやねん。